すっごく簡単!コートのボタンが取れかけてるから全部縫い直す。

【今シーズン買ったモッズコートが大活躍】

昨年末に買ったモッズコートをヘビロテで着ています。参考⇒(冬のコートはこの3つがおススメです!)

毎日着ているため、首元のボタンや、開け外しの多いポケットのボタンが取れかかってしまっています!1個でもなくなってしまったら、このコートは終わりです。新しいボタンを買って、全部付け直してなどと恐ろしい工程が待っています。

ですので、取れかかっているところも、そうでないところも、全部縫って補強することにしました。正しく縫えばボタンも長持ちして、見た目も美しいボタンが出来上がります。
スポンサーリンク



【ボタンの簡単できれいな付け方】

このように↑ほつれているのはボタンの穴の部分ではなく、ボタンと服との境目です。ボタンホールにはしっかりと糸が通っていますので、そこは触りません。ボタンが頭だとすると、首の部分を修理します。

服の下からボタンに向かって針を刺します。針を抜いて糸をグルグルと首の部分に3~5回くらい巻きつけます。

グルグル巻いた後は、首の根元から服の下にまた針を刺します。

すでにあるボタンの縫い目の所から針を抜き、玉止めをします。

完成です↓

ボタンの、首の部分がしっかりしているのが分かります。飛び出している糸はほつれていた糸です。この糸を切って終了します。

この作業を、コートの前ボタン全部とポケットのボタンにしました。
これで、安心して気分よくまたこのコートをヘビロテできます(^^)
スポンサーリンク



にほんブログ村
↑ランキングなどが見られます。押して頂けると嬉しいです(^^)