カスハラ(カスタマーハラスメント)被害に合わない方法、○○店員が教えます!

【カスタマーハラスメント(カスハラ)を知っていますか?】

先日、「カスハラ」に関する裁判がニュースで取り上げられていました。その内容は、コンビニの女性店員さんが、お客様にわいせつな言動をされたのですが、1審・地裁と2審・高裁は「女性は終始笑顔で行動しており、渋々ながらも同意していたと認められる」などとし、「嫌がっていなかった」と判断されたのです。

しかし最高裁ではその判決が覆されて、女性店員は嫌がっていた、笑顔は商売の為だったと認められたのです。(簡単に説明しました。本当はもっと複雑な事案です)。

私は24時間営業の小売店で接客業をしています。カスハラの問題は自分にとっても十分起こり得ることです。
先日もこのような嫌なことがありました。
エロ客に「ぶさいく!」と言われてメンタルボロボロ

お客様に暴言を吐かれたのです。

【再びやってきた問題のお客様】

このお客様が、先日またいらっしゃいました。
しかも私はこのお客様のお顔を完全に忘れていました。そして、あれほど「次回からは毅然とした態度で接するのだ」と心に決めていたにも関わらず、つい親切に、優しく接してしまったのです・・。

そのお客様は別の人が担当したレジで会計を済ませると、「おい、あんた!」と私を呼びました。
私「はい。」
お客様「ちょっと、こい!」
私「はい・・・?」

来いと言われたので、付いていきました。そのままお客様は店外に出て駐車場に向かっていきます。
私はさすがに変な感じだと思って警戒し、その時初めて先日「ぶさいく」と言われたお客様だと気付いたのです!

そしてお客様は自分の車のドアを開けて、買い物袋を置くとこう言いました。
「メバル釣りに行って、エサが余ったからあんたにやるわ!!」

・・・・絶対にいらん(^o^)

私「(笑顔もなく真顔で)そういうの、頂けないので」
お客様「やるっていってるのや!」
私「いただけないので。お気持ちだけで。(真顔)」

お客様はそのまま帰って行かれました・・。
スポンサーリンク



【カスハラ(カスタマーハラスメント)は深刻な問題】

接客業をしている以上、カスハラからは逃れられません。多少嫌なことを言われても、「さらっと対応してね」と言われます。特に私は40代のパート主婦で、若い子とは違うので丁寧な対応が求められます。

今回の事も上司に報告したのですが
「僕の知り合いも、海沿いの店に勤めてる時、獲れたての魚とか貝とかもらっていたんですよ~」と言われました。

獲れたての魚とかはもらって嬉しいやつでしょ?
私のは「魚のエサの残り」だよ(-.-;)?

【カスハラの対策】

私が心がける対策としては、
①「相手がカスハラをする相手かどうか見極める」
おかしなことを少しでも言って来たら警戒した方が良いです。

②「必要以上に笑顔で接しない」
相手がおかしな雰囲気を醸し出して来たら、口元だけを笑顔にして言葉は丁寧に、さっさとやり過ごします。

相手を調子に乗らせてはいけません。「少しくらい変なこと言っても大丈夫だろう」と思わせないようにしましょう。
スポンサーリンク



にほんブログ村
↑ランキングなどが見られます。押して頂けると嬉しいです(^^)