「やばい日本史」がおもしろい。歴史が苦手な親子もきっとこれで好きになる!

投稿者: | 2019年1月21日

【「やばい日本史」がおもしろい】

本屋さんのランキングのコーナーで偶然見つけた「やばい日本史」↓

東大教授がおしえる やばい日本史 [ 本郷和人 ]

この絵がどうしても気になってしまって、即買いしました。私と長女(小6)はとても日本史が苦手です。未だに「えーっと、室町幕府は・・・だれが作ったの?」状態。かたや夫は歴史マニアで学生時代は東洋史を先行するなど、中国の歴史にまで詳しいため、長女のテスト対策はすべて夫に丸投げしております。

そのおかげでテストは良い点を取っているのですが、興味がないのでテスト期間が終わればそのまま頭から抜け落ちて、記憶に引っかからない様子です。

なんとか長女の記憶に残るように、そして自分も少しは歴史を知らないと恥ずかしいので、この本を全部読みました。

【簡単な年表からざっくり漫画解説】

最初に簡単な時代の流れを表した年表があります。こんなものがあるとは知らなかったので、これは嬉しかったです。人物の話だけが書かれているのかと思っていたので、娘の勉強に役立ちます!
さらにその時代の流れを漫画で「さっくりと解説」しています。

その時代の「人物相関図」も書かれており、その後にいよいよ「人物の意外なエピソード」が書かれています。私が一番好きだったのは「安土・桃山時代」の「竹中半兵衛」です。

竹中半兵衛の名前は知っていたのですが、「大河ドラマでV6の岡田君が主演していたのは黒田官兵衛だよね。じゃあ竹中半兵衛はどういった人だっけ??」と認識があやふやでした。

しかしこのエピソードがすごすぎて、またかっこ良すぎて!完璧に竹中半兵衛を覚えました。

長女も次女(小3)も全部読みました。長女は「読んだよ」しか言いませんでしたが。
スポンサーリンク



【角川の「日本の歴史」シリーズは人気ナンバーワン】

角川まんが学習シリーズ「日本の歴史」は、勉強する歴史漫画では一番人気で、評判も良いです。

我が家ももちろん持っています。

表紙が美男子(´▽`)。

漫画なのに内容がとても詳しくて、夫が言うには「高校受験、大学受験に通用する!」とのことです。長女が5年生の時に買って、今4巻で止まっているのでまた買い増ししようと思います。

ちなにみ私は「日本の歴史」シリーズはほぼ読んでいません。さらっと見たけど文字と登場人物が多すぎる・・・。
スポンサーリンク



にほんブログ村
↑ランキングなどが見られます。押して頂けると嬉しいです(^^)