育児・家事に非協力な夫への対処法。相手を責めずにすむ方法は?

投稿者: | 2019年1月17日

【USJ前日に事件発生】

先日USJに行ったのですが、その前日に大変なことが起こりました。

なんと、私が発熱してしまったのです!!

あれほど体調管理に気を付けていたのに、12日(土)の昼に突然ふらふらして熱を測ると37.5℃ありました。これから翌日の準備をしないといけないのにどうしよう・・・、娘たちは楽しみにしているのに、行く日を延期するかもしれない、そうしたらまた職場で休みをもらわないといけないな・・・などと考えておりました。

出かけていた夫が帰宅したので、私は夫に「熱が出ちゃって・・」と言いました。
夫は「えーー大丈夫なの?」と言って、そのあとすぐに娘たちに向かって言いました。

「みんなーお母さんが熱出ちゃったから、お父さんと3人で行こうかー!!」

私の心の声

(「ひっっっっどい!!!!!」)

まさか私を留守番にして行こうとするとは・・・全く予想もしていない展開に打ちのめされました。

しかし!!「お父さんと3人で行こうかーー!!」と言った後、次女(小3)が即座に答えました。

「いやだ!!ふぬっ(白目をむくパフォーマンス)」

次女よ・・・ありがとう( ^o^)

(天然の長女(小6)はこの時ソファに寝転んで本を読んでおり、「え?」と、はなから話を聞いていなかった・・。)

次女は普段から「お父さんと一緒にいても会話がない。」と言って、2人で留守番をしたり出かけるのを嫌がっています。

【子どもは、かまってくれる人に愛情を感じる】

親子だから、毎日一緒にいるからその人を慕うということは無いように思います。親(自分)から話しかけたり、いろいろとかまってやらないと愛情を感じられない様です。

娘たちの方から夫に話しかけない限り、基本的に夫は娘たちを放置です。
夫は優しくて、子どもたちのことはちゃんと愛情をもって接してくれています。

が、娘たちが小さい時から、率先して公園で遊ぶというのもなく、私が言ったら行くということを繰り返しているうちに、次女の「好きな家族ランキング3位(1位母2位姉)」になってしまったのです。
スポンサーリンク



【非協力な夫への対処法】

育児に関する本や雑誌では、様々な対処法が具体的に書かれていますが、夫本人の意識を変えることは大変難しいことです。

そこで、私は夫ではなく自分の意識を変えることにしました。

①「夫に期待する」のをやめた。
期待していると裏切られた時の失望感が大きいです。
逆に突然夫がお皿を洗ってくれていたりすると、お~と感動します。

②夫に頼みたいことがあったら「はっきりと言う」。
やってくれたら良いのに…と思うのではなく、〇〇をやって欲しいと、きちんとお願いすることにしました。

簡単に言えば、夫に期待するのをやめて自分の中で折り合いを付けるということです・・・。
スポンサーリンク



にほんブログ村
↑ランキングなどが見られます。押して頂けると嬉しいです(^^)