ヒロシです「嫁に怒られたとです」(夫の気持ちを代弁しました)

投稿者: | 2019年1月9日

【夫の気持ちになって書きました「ヒロシです」】

ヒロシです。12月31日のことです。嫁は朝から夕方まで仕事でした。

自分は子供達と留守番をしていたとです。

ふと玄関の棚を見るとAmazonの封筒が開けられた状態で棚の上の方に置かれていました。

中を見ると、次女(小3)の前から欲しがっていたマンガが入っていたとです。

自分は次女にそのマンガを渡してあげました。次女はすごく喜んで、長女(小6)も一緒にそのマンガを読んで、楽しい時間を過ごしました。

嫁が夕方帰宅して、テーブルにあるマンガに気が付いたとです。そして嫁が言いました。

嫁「このマンガ、見せたの?!」

夫「見せたよ。封が開いてたし…」

嫁「このマンガは次女が、絵がかわいいと言って、ネットでジャケ買いしたのよ。変なシーンが無いか私が先に読んでチェックしたら、キスシーンがあったから隠しておいたのよ!!」

夫「…で、でも知らなかったし。」

嫁「検閲はしたの?!」

夫「…してません。」

現代日本に検閲制度があるとは知らなかったとです。

夫「もうさぁ、子供達に見せたくない所はマジックでまっ黒に塗りつぶしたら??」

嫁「GHQか(怒)!!」

ヒロシですヒロシですヒロシです…。

【ヒロシですその②】
スポンサーリンク



近頃、あまりにも寒いとです。だから、エアコンの設定温度を「26℃」にしました。
するとエアコンの真正面に座っていた嫁が突然大声を出しました。

嫁「やっぱりなぁーー!!おかしいと思ったんよ!温度が26℃になってるやん!さっきから風がバーバー吹いてるなぁと思って確認したらこれや。21℃でええねん!」

夫「・・・・ええっとでも冬の26℃は普通じゃない?」

嫁「21℃で十分!!」(設定温度を21℃に下げる)

毎夜、毛布に包まってテレビを見ているとです。

ヒロシですヒロシですヒロシです・・・。
スポンサーリンク



にほんブログ村
↑ランキングなどが見られます。押して頂けると嬉しいです(^^)