自分は「探すのがへたくそ」な病気?呪われた遺伝子は娘へ・・。

投稿者: | 2018年11月6日

【仕事で商品を補充しています】

私は24時間営業の小売店で勤務しています。この小売店では日々棚に置かれている商品の補充や、コーヒーも販売しているのでそのコーヒーに使う水や、牛乳の補充も重要な仕事なのです。

昨日、お客様がコーヒーを入れている最中に牛乳が切れてしまって、急いでバックに補充用の牛乳を取りに行きました。

いつも置かれている場所を探したのですが、見つかりません。お客様をお待たせしてはいけないので、売り場にあった商品の牛乳を、急いでコーヒーメーカーにセットして、後程レジで経費として処理をしました。

その後、交代で店長(30歳独身男)がやってきて、「この経費の牛乳はなんですか?」と聞かれたので事情を説明すると、

店長「え?昨日牛乳9本くらいありましたけど?」
私 「うそぉー!!」

そのままバックに直行。もう一度全体を探すとちゃんと棚の上に牛乳が9本のっていました・・・。9本って!

もう、情けなくなりましたよ。「買い取りますっ」て言ったけど「良いよ良いよ」って言われて、優しくされる方がツラい。

他にも「コピー用紙の在庫が少ないです」と言ったら「裏に1箱ありますよ~」と言われてダブルで恥をかきました。

【娘も探すのがへたくそ】

次女(小3)も探すのがへたくそなのです。もう、連絡帳がない(ランドセルに入っていた)、お金がなくなった(財布の中にちゃんとありました)、習い事の会員カードがない(もちろんこれもバックに入っていた)ともう、とにかく探すのが下手くそです。

今まで次女に「ちゃんと探しなさいっ!」と注意をしていましたが、これは私からの遺伝ですね・・・。

【「チョレギサラダ」事件】

先日「チョレギサラダ」↓を作るためにこのスパイスを買いました。

小さい商品で無くしやすいので嫌な予感はしていたのですが、案の定、レタスをちぎって盛り付けて、いざこのスパイスをかける段階で「チョレギの素がないーーー!!」。

急いで夕食を作っていたので私は慌てて「チョレギの素」を探しました。引き出しを見ても、冷蔵庫を見ても、棚を見ても、ないっ!

夫に向かって叫びました。
「チョレギの素がないよ!どこにもない!こっち来て探して!」

夫はソファで寝転がって、スマホをいじりながらのんびりと言いました。
「最初から無かったんちゃう~?」

私「あるわーーー!!!」

その後、カウンターの目に付きやすい所で「チョレギの素」を見つけました・・。

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
押していただけると嬉しいですm(_ _)m

スポンサードリンク