コンビニの仕事が大好きで大好きで、全力で仕事をしたその結果は?

【パートでも全力でコンビニ店員しています】

私はコンビニ店員として、週4日4~6時間働いています。
この仕事はやることが本当に多いです。

通常の接客に加えて揚げ物の作成と管理、ゴミ箱のゴミをこまめに変える、コピー機の使い方が分からないお客様にはそばに行って教えるなど常に周りに目を配る仕事です。

私は普通のパート勤務なので、通常の決められた勤務をこなしていれば良いのですが・・・。最近「全力で仕事をしてみたらどうなるのかなぁ」と思い始めたのです。

そして今、バリっバリに仕事をしています。「これはやらなくていいか」と思わずに、「全部やってやるぜ」と思って、清掃作業を丁寧にやったり、揚げ物は「ただ今出来上がりましたーー!」と声掛けをして(社員含めほぼ誰もやらない)、バックヤードの冷凍庫を整理して納品しやすくする、まとめられている段ボールのゴミを捨てる、店頭在庫の補充をこまめにする、などなど。

パートだから、やったところで昇給するわけではないのですが、毎回充実感はすごくあります。
スポンサーリンク



【全力で仕事をした結果はどうなったか?】

一番大きかったのは、「自分よりベテランの人が入社しても、自分は排除されないだろうという自信」を得ることが出来ました。

一般的にコンビニ店員は不足していると言われています。現状でも人手不足で時短営業を強行し、話題になっているお店もあります。

しかし、都市部は慢性の人手不足なのでしょうが、地方では人手は足りています!

特に午前中は子供のいる主婦たちがガッチガチにシフトを固めていて、隙あらば交代して勤務時間を増やそうと躍起になっています。「え、今度卒業式?私が代わるわ!」という感じです。
人手不足は「夜勤者」だけなのです。

生活がかかっているので、シフトを1日でも減らされたら困ります。

相談もなく勝手に削られたりはしないのですが、働く日数はそのままで、できるだけ勤務時間を増やしたいのです。その為には「この人に入ってもらったら楽だなぁ」と上司や他のスタッフに思ってもらえるような仕事をしなくてはなりません。

今後も自分のシフトを死守できるように、スーパーコンビニ店員を目指します!
スポンサーリンク



にほんブログ村
↑ランキングなどが見られます。押して頂けると嬉しいです(^^)